金利の仕組みを学ぼう

私の友人がこんど住宅を購入するそうで、今は住宅ローンを調べているそうです。低金利で借りられれば、そのぶん利息も少なくなりますし、長期返済であっても比較的に安心できるかと思います。返済期間が長くなってしまえばなるほどにやはり苦労しますからね。

給料などで入るお金は毎月だいたい固定されますし、住宅ローンの返済額を最初の段階で減らすためにも金利の安さは大事だと思います。といっても、今後の景気の変動の状況によっては、金利も変わってくることもありますから、最初にたてた予定とは状況も変わってしまうことも考えられます。

住宅ローンの金利というのは、全期間で固定される金利だったり、変動金利などのタイプから成り立っています。その中で金利が低いのは、変動金利型と言われています。

また、全期間固定金利というタイプの場合は、その時代の景気がよくない場合に組めるローンですので、金利が今よりもよくなってくる時には良いかと思います。

全期間固定金利のタイプは、完済になるまで最初に契約した時の金利で住宅ローンの返済ができるので、景気の変動などに頭を悩ませる必要がないので安心感があります。

変動金利のタイプの場合は、借入さいた際は低金利であったとしても、今後の景気の変動によって金利が変わってしまうことが考えられますので、将来的に負担が増えてしまうリスクがあることを考慮しておく必要があります。

いずれにせよ、住宅ローンの借入をする前には、ある程度の人生設計を立てておくことが大事だと思います。

ましては消費者金融からのキャッシングなどは金利が高いので住宅ローンのような長期的なローンには絶対にお勧めしません。いつもカードローンなどの分割払いが多い方もその辺を肝に銘じておきましょう。