住宅ローンはゆとりある組み方をするのが当然

30年の住宅ローンを組んでいます。60歳まで、ずっと払い続けなければいけません。でも、わが家は、毎月の返済はアパート代以下なので、楽々に返済しています。

住宅ローンって、最初の5年間は少なく設定されているのです。これが落とし穴なんですよね。だいたい、30歳前後で、みなさん家を購入される方が多いのです。

子供さんはまだ小さいし、お金はあまりかかりません。しかし、6年後、急にローンは高くなります。そして、そのころから、子供の教育費がかかってくるのです。

住宅ローンが家計を圧迫し始めます。我が家は、子供が3人いますので、そりゃあ大変でした。しかし、そんなことは、すでに想定内でしたので、ギリギリでしたが、なんとか生活できましたよ。

毎月、住宅ローンに10万円以上払っている人も知っていますが、私には信じられません。まあ、それだけ収入があればの話ですけど。我が家は、そんなに年収も多くないし、少ないほうかもしれません。

また将来的に金利の動向を見ながら住宅ローンの借り換えも検討するのがベターなのかなと思います。

でも、自分たちのライフスタイルに合った家を購入し、無理なく返済できるローンを組めば、将来ちょっとした変化があったって対応できます。せっかく建てた家で、毎日が苦しくなるなんて絶対に嫌ですからね。人生楽しまないと。